734

18日、歌舞伎俳優であり、テレビドラマ『半沢直樹』(TBS系)『岸辺露伴は動かない』(NHK総合)にも出演している市川猿之助さんの自宅で、猿之助さんと両親がマネジャーに発見され、救急車で運ばれた。猿之助さんの母親は現場で死亡が確認され、父親の市川段四郎さんも病院に到着した後に亡くなったという。
猿之助さんは「意識がもうろうとしている」と報道されたが、その後、命に別状はなく、意識もはっきりしていると伝えられたとのこと。
捜査関係者によると、両親は2階のリビングで倒れており、猿之助さんは地下の部屋で首をつったと見られるという。室内からは遺書らしきものが数通見つかったという。
猿之助さんは18日、『NEWSポストセブン』でセクハラ・パワハラ行為を報じられていたばかりだった。
これにインターネット上では「こんなことって、よく理解できませんが、無理心中をしようとして、自分だけ生き残ってご両親が亡くなってしまったので、今後は事件として扱われるんでしょうか?」
「言葉が見つかりませんね…。本人は生きていましたか」
「ここまでやらなければならなかったことだったのでしょうか」
「無理心中かどうか分からないけど、自分だけ生きているのは地獄の苦しみだろうな。 週刊誌の告白記事はかなり厳しいけど、事実と違っていたら大変なことだ」
「首吊りに失敗して意識があるって発見が早かったのかな 後遺症は大丈夫なのだろうか」
「一酸化炭素中毒で死のうとしたけど死ねずに首をつった?そんなことをしている間にガスが2階に上がって両親が先に死んでしまったのか? 無理心中なのか自分だけ死ぬつもりだったのかそれとも両親も同意していたのか? わからないことだらけだ」
「家族を巻き込む気がなかったとしたら最悪の結果。 名門澤瀉屋一門は終わってしまったね」
という驚きや悲しみの声が多く寄せられている

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック