752

歌舞伎俳優の市川猿之助は5月18日に自宅で自死未遂を図り、救急搬送された。その自宅では両親も死亡しており、3人で心中したという噂が流れた。 最初は猿之助が親に暴力を振るったのではという疑惑もあったが、日に日に事実が明らかになってきた。猿之助は地下で発見されたのに対して、父である市川段四郎さんや母の喜熨斗延子さんは2階にいたことがわかった。さらに死因は向精神薬の過剰摂取だったと報じられ、事件は意外な展開を見せている。
猿之助については「芸能界からの引退」が取り沙汰されている。しかし両親を失ったという悲しみは計り知れないものだが、芸能界で自死未遂を起こしたケースを見ると、実は猿之助にも「舞台復帰」のチャンスがないわけではないということだ。 自死未遂で向精神薬を使った例としては加護亜依や上原さくら、柳楽優弥などがあげられる。柳楽は自死未遂を否定しているが、安定剤を多量に飲んだことは認めている。
週刊誌記者は「この3人は自死未遂後も芸能活動を再開しました。上原は大学に入学して卒業まで4年間勉強しました。加護は音楽活動を再開し、今年2月には3年半ぶりのワンマンライブを行いました。そして柳楽は大河ドラマにも出演し、2021年の主演ドラマ『二月の勝者』(日本テレビ系)は注目されました。3人ともしっかりと復活した姿を見せています」と語っている。
猿之助も芸能活動復帰することができるだろうか。ただし復帰する場合には、事件前に報道されていたハラスメント問題についても改めて注目されることになるだろう

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック