723

5月22日にKing & Princeから脱退し、ジャニーズ事務所とも契約解除した平野紫耀が、強烈な〝最後のメッセージ〟を残した。 この日昼に会員制サイトでブログを更新した平野は、こう綴っている。 「明日からKing & Princeじゃなくなるのはすごく寂しいよなー ジャニーさんにデビューさせてもらった最後のグループだからね ジャニーさん許してねー! 目標に届かなかった!!! でもできないって言われたら仕方ない!!! もし天国で会えたら怒られるかなー笑」
「キンプリは世界進出が夢だったけど、事務所は反対で、Travis Japanを先に海外に売り出したんだ。このことが平野と神宮寺勇太、岸優太の3人の脱退の原因になったと言われてるよね。その〝恨み節〟を爆発させた文章だよ」
さらに、〝性被害疑惑〟の渦中にある創業者・故ジャニー喜多川氏の名前を出しているのも意味深だという。しかも平野は、ジャニー氏の〝被害者〟の一人だとされているのだ。
「元ジャニーズJr.で歌手の岡本カウアンが、『平野と一緒に被害に遭った』と実名告白してるからね。その平野が、『ジャニーさん許してねー!』なんて書き残すのは、なんとも皮肉めいた表現だと思うよ」(ライター)
これまでのジャニーズ事務所なら、大手メディアに対して徹底的に〝圧力〟をかけ、平野を一生表舞台から消すこともできたはずだが…。
「今、平野さんたち脱退組があからさまに干されると、ジャニーズ事務所に対する批判がさらに強くなります。5月23日以降も、他のジャニーズ所属タレントと共演することはないように調整しながら、脱退組もテレビ出演を続けられる可能性が高い」(民放関係者)
国民的アイドルグループだったSMAPは、冠番組で〝公開処刑〟みたいに謝罪させられ、退所して「新しい地図」を名乗った3人は5年以上も干されていた

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック