735

広末涼子の不倫騒動に対して、芸能界の大御所・和田アキ子が厳しい批判を展開していることが話題になっている。
広末の不倫相手は、夫であるキャンドル・ジュン氏の友人だったという。6月18日にはキャンドル・ジュン氏が記者会見を開き、広末から離婚を求められていたことや、彼女を擁護するような発言もしたことが報じられた。
そんな中、和田は同じ日に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、広末に対して容赦ない言葉を浴びせたのだ。
「和田が広末を叩くのは、今回が初めてではないんです。広末が20代前半で若手女優として活躍していた頃からです。
広末は撮影現場で遅刻ばかり。タクシー代は払わず。食事もお金を持っていないと言ってタダ食いしたという噂もあります。そんな非常識な行動に『どうかしてるんじゃないの!?』『仕事をバカにしてるのか?』と怒ったことがあります。昔の広末は本当に最低でした」(芸能ライター)
広末は当時、複数の男性俳優と交際のウワサもあり、夜遊び三昧だったという。そのことも和田は取り上げて、疑問視したことが有名だ。
「和田の発言は、広末だけでなく他の芸能人に対しても辛口すぎるので、よく批判されることがあります。でも和田の番組に出る仲間のタレントたちは、芸能界のスキャンダルには口をつぐむことが多いんです」(芸能ライター)
同じ18日の『アッコ――』では俳優・永山絢斗が大麻所持で逮捕されたことも話題になった。しかし、勝俣州和やお笑いコンビ『サバンナ』は、永山をかえって「良い人」と持ち上げた。
「和田は、特に『サバンナ』に対しては『そうか。聞き間違えた(私が)んだ』と呆れ顔でツッコミました。『サバンナ』は、相手の事務所に気を使って何も言えないんです」(テレビライター)
だから広末の件では、和田一人だけが思い切り文句を言うだけ。他の出演者は、みんな適当に流す。
「今回、和田は正論を言いましたね。広末の手書き謝罪文〝みなさま、本当にほんとうにごめんなさい〟というフレーズに反応しました。
『どうして〝ごめんなさい〟なの。それって大人らしい言葉!?〝申し訳ございません〟〝申し訳ありません〟じゃないの』と指摘しました。
これは確かにもっともですね。〝ごめんなさい〟は正しくはないわけではないですが、カジュアルで、軽い感じの言葉。例えば仕事の取引先に謝罪するときには使いません」(メディア論の教師)
さらに広末の〝こどもたちには、膝をつき合わせ…〟という一節についても、和田は言いたいことがあるようだ。
「『なんで〝膝をつき合わせ〟とか、子供の話まで出すの』『子供が気の毒でしょ』と言っています。これには和田のお気に入りの勝俣も『そうですよ』と必死に同意していました。ネットでも『和田、さすが!』というコメントが多数あります」(メディア論の教師)
和田も時々はいいことを言うものだ。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック