735

超人気ドラマシリーズ『相棒 season21』(テレビ朝日系)は、昨年10月から放送が始まり、今年3月に最終回を迎えた。
「テレビ不況の中でも、全話の平均視聴率が約13%と、高い数字を維持。10月期からは“シーズン22”の放送が決まっているそうです」(制作会社関係者)
シーズン21では、水谷豊(70)演じる杉下右京の“相棒”として、初代相棒の寺脇康文(61)が復帰し、話題を呼んだ。
「寺脇の復帰が視聴率アップに貢献したのは、確かです。シーズン21の最終回スペシャルには、2代目相棒の及川光博(53)も出演し、水谷・寺脇と揃って見せるファン待望の名シーンもありました。しかし、シーズン22には、それ以上の“驚き”があるらしいですよ……」(テレビ局関係者)
20年以上も『相棒』の主役を務めてきた水谷は、強い覚悟を持って、次回作に臨むという。
「水谷は、“次で終わりにしたい”と周囲に伝えているそうです。もし次が“最終章”となるならば、注目はさらに高まります。前シリーズを上回る視聴率は、ほぼ確実です」(芸能プロ関係者)
7月14日に71歳の誕生日を迎える水谷にとって、『相棒』の撮影は、容易なものではなかったようだ


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック