751

W不倫で活動休止中の女優・広末涼子が、6月30日に放送されたNHK連続テレビ小説『らんまん』に出演した。NHKが出演シーンをカットしなかった理由について、理解の声が上がった。
この日の放送で、万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)の結婚式が描かれた。万太郎の祖母・タキ(松坂慶子)は、分家の人たちに対して、本家と分家の差別を謝罪し、これからは協力して商売を頑張ってほしいと言う。
タキの言葉に反発する人もいるが、万太郎の亡き母・ヒサ(広末)が幽霊となって現れて、タキに微笑みかける。
その後、万太郎はタキを連れてヤマザクラを見に行く。そこで、病気になったヤマザクラを接ぎ木で救うという万太郎の方法に感動したタキ。その時、万太郎が生まれたころのことを思い出す。
赤ちゃんの万太郎を抱いたヒサと、養女として槙野家に来た万太郎の姉・綾と一緒に、らんまんに咲くヤマザクラを楽しむというシーンだった。
「タキの世代から万太郎や綾らの世代へとバトンが渡されることを、ヤマザクラで表現した感動的な回。広末さんが幽霊として登場するシーンはカット可能だったかもしれないが、ヤマザクラを楽しむシーンはカットできない…視聴者はみんなそう思った重要な場面だったはずだ。
広末さんのW不倫が発覚してから、出演シーンの放送に関して『総合的判断をする』と曖昧な回答をしていたNHKだが、結局カットしなかった。
賢明な判断だとも言えるが、単純に物語のテーマを示す重要なシーンだったからと納得できる」(芸能ライター)
しかし、これが広末の最後の出演シーンになる可能性も…。
「これで広末さんは役目を終えた。新しく撮影したシーンはないと思われる。ヒサは万太郎に植物学に興味を持たせた人物だが、寿恵子という新しいパートナーを得た万太郎にとってはもう必要ではない。出演するとしても、最終週の回想シーンくらいで十分だ」(ライター)
NHKもこれでほっとしたことだろう…。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック