765

元ジャニーズ事務所の副社長だった滝沢秀明氏が3月に設立した新事務所「TOBE」が注目を集めている。7月2日にはジャニーズ事務所を5月2日に退所した元V6の三宅健がTOBEに加入すると発表した。そして7日の生配信で、5月22日に退所した元King & Princeの平野紫耀と神宮寺勇太がTOBEに参加することが明らかになった。
「平野は1年間休むつもりだと周囲に言っていた……という報道もありましたから、こんなに早く新事務所が決まるとは思いませんでした。平野は大手事務所からもオファーがあったそうですが、知らない社長の下に行くよりは信頼できるところで新しいスタートを切りたかったのでしょう。ともかく、配信は同時視聴者数が100万人以上に達していたと言われており、そのタレント力は元所属事務所のジャニーズにとっても脅威ですね」(芸能ライター)
2019年に亡くなった創業者の性加害問題に対するジャニーズ事務所の対応に批判が集まっており、現状に不満を持っているタレントたちの退所の可能性も囁かれているが、その中で意外な名前が出てきている。
「それは木村拓哉です。SMAPのメンバーで唯一ジャニーズに残ったまま6年以上が経ちました。事務所に忠誠を尽くすと思われていましたが、妻の工藤静香がひそかな動きをしています」(芸能ライター)
その“ひそかな”動きとは、8月2日に発売予定の新曲に関係している。
「表題曲の『勇者の旗』は、工藤が作詞する時に使う『愛絵里』という名前で作詞された曲ですが
〈進めど 終わらぬ 困難と 戦いながら〉〈背負うものが多過ぎただろう〉〈恐れずに突き進め 今いる場所はまだ分岐点〉〈激しく吹く嵐の中 渡鳥は飛ぶ時を待つ〉というフレーズがあります。6月30日に先行配信されましたが、7月6日に放送された音楽番組『有吉ミュージックフェス』(テレビ東京系)で歌われると、“夫を後押しする曲ではないか?”という推測の声が広まりました。工藤は歌詞に深い思いがあるようで、Instagramでも歌詞を紹介しています。
『人はそんなにそんなに強くない、、、、生きてる中で、誰だってつまずく時があるから』『たった1ミリでも、前へ進もうとする心を、勇者と称えたい』とコメントしており、とにかく“背負うものが多すぎた人”に応援のメッセージを送りたいという気持ちが伝わってきます」(芸能ライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック