775

鈴木福はかつて芦田愛菜とともに〝天才子役〟と呼ばれたが、今ではテレビ界での活躍が目覚ましい。収入面でも他の追随を許さないほど稼いでいるという。
「芦田に比べて格下だった時期もありましたが、今はそうではありません。立場が逆転したと言ってもいいでしょう。鈴木の仕事の様子を見ればわかります」(民放プロデューサー)
鈴木は現在、日本テレビ系『ZIP!』をはじめ、『キャッチ!』(中京テレビ)や『鈴木福のミミヨリ!ひろしま』(RCCテレビ)、『ガチャムク』(BSフジ)など4本のレギュラー番組を持っている。 鈴木が一気に躍進したきっかけはシンプルだった。自己推薦制度で慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に合格してから、人生が変わったという。
「SFCに合格したことで芦田と同じ慶應の法学部に合格したことと同じ価値になりました。福くんの強みは、適応力です。芦田が露出を控える中、福くんは基本的に依頼された仕事は全部引き受けるスタンス。そして、バラエティー番組で身につけた経験でディレクターやプロデューサーの望むリアクションやコメントを出してくれます。その結果、福くんに仕事が集まるようになったのです」(事情通)
気になる鈴木のギャラはというと―。
「子役のころはバラエティー番組で1本5~10万円程度でした。でも、今は50~100万円と大幅に上昇。CMも多くの依頼があり、1本2000万円という金額が定番になっています」
と事情通は語っている 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック