800

7月期のミステリードラマ「ハヤブサ消防団」(テレビ朝日系)は、池井戸潤の同名小説を原作にして、7月13日から放送される。主演の中村倫也や川口春奈、山本耕史、満島真之介、生瀬勝久などの出演者が参加した制作発表記者会見が7月1日に都内で開かれた。川口は自分の役柄について「どこにでも現れる不思議なキャラクター」と説明した。撮影の最初の方はほかの出演者との関わりが少なく、「崖だったり、壺だったり、そんなところで」撮影していたと話した。
それを聞いた中村は「壺?『滝』も付けないと」と、さりげなく突っ込んだ。川口は慌てて「滝壺とか」と訂正し、笑いを起こした。中村はさらに、「壺の中に入っていたのかと思った。『鬼滅の刃』みたいにね」と言った。
「この発言に『鬼滅の刃』ファンが大喜びしました。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、20年10月に公開されて404.3億円の興行収入日本1位を達成し、社会現象になりました。2月3日から6月18日までは、アニメ3期として『刀鍛冶編』がフジテレビ系で放送されました。
主人公たちが対決する鬼の1人に『玉壺(ぎょっこ)』という名前の鬼がいますが、壺から壺へと瞬間移動し、壺の中に人を引きずり込んで殺すという能力があります。それを知っていた中村さんに対して、『鬼滅の刃を見てるんだ』という声もありました」(ネットライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック