753

ミシュラン一つ星のシェフで、女優・広末涼子と不倫関係にあるとされる鳥羽周作氏に、自分の経歴についての疑惑が浮上している。7月11日に発売された「週刊女性」が報道したところによると、メディアによって職歴がバラバラで、一貫性がないというのだ。グルメライターは不思議がる。
「鳥羽氏は、小学校の先生から料理人になったという変わった経歴の持ち主です。でも、記事を読むと、その転職時期がはっきりしないんです。色々なメディアでインタビューを受けていますが、料理人になった年齢が28歳だったり、32歳だったりと違っている。それに、最初に働いたレストランも《代官山のディエゴ》だったり《イタリアンレストランの名店「DIRITTO」》だったりと定まらないんですよ。ちゃんと取材したメディアはどこなんでしょうか」
21年にPR大使に就任した戸田市のホームページでは、鳥羽シェフの経歴は〈1978年生まれ、埼玉県戸田市出身。Jリーグの練習生、小学校の先生をやっていたが、32歳で料理人に転身したという珍しい経歴を持つ>と書かれている。しかし、YouTubeチャンネル「鳥羽周作のシズるチャンネル」では<Jリーグの練習生、小学校の先生をやっていたが、31歳で料理界に入った>と書かれており、料理人になった年齢がまた違う。
「記事では、サッカーに関する“矛盾”も指摘されています。21年10月に『日本サッカー協会の公式note』で公開されたインタビューでは、小学5年生の時に地元で会った三浦知良と一緒に弁当を食べた話が出てきます。しかし、鳥羽シェフはその時のカズはクロアチアでプレーしていたと言っています。でも、鳥羽シェフが小学生だった80年代後半はカズはブラジルに住んでいて、90年代初頭もJリーグに所属していました。
クロアチアのチームに移籍したのは鳥羽シェフが20代前半くらいの時です。記憶違いなのか、適当な発言なのか…。これでは不倫騒動に関する発言も信用できないかもしれませんね」(グルメライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック