741

歌手で俳優・木村拓哉(50)の妻の工藤静香(53)が、7月28日にインスタグラムを更新し、自分の作った「冷製パスタ」の作り方を紹介した。
「玄米粉パスタを冷やし中華にアレンジしてみました!モチモチの食感が美味しいですよ。色んな味付けができるので楽しいですね!」
と書いた工藤は、玄米パスタにトマト、キュウリ、ショウガ、ネギなどをトッピングした〝冷やし中華風〟のパスタの写真をアップした。
「今回は細麺を使いました!茹でたらさっと水洗いして、甘酢で和えておきます。お好きな野菜を乗せてください!ピーナッツタレをかけるとコクが出て最高です!」
さらに、工藤は薬味として「3週間前に漬けた新生姜も使いました!これが味のアクセントになって、いろいろな料理に活躍します!今回は太めに切って乗せました!」
と説明した。そして、コクが出るという自家製の「ピーナッツタレ」の材料も公開した。
「ピーナッツバター」「酢」「ナンプラー」「オリゴ糖液体」「ゴマ」を使っていますが、「分量はお好みで調整してくださいね!」と、フォロワーに任せてしまった。
この投稿に芸能ライターは「重要なタレの材料の〝分量〟を書かないと、真似したいファンも作りにくいでしょう。冷やし中華のポイントになる『中華タレ』の材料も書いていますが、こちらも〝分量〟は不明。これでは『木村家の食卓』は再現できませんね(笑)」
料理の投稿をするたびに批判される工藤だが、このままではフォロワーにも見放されそうだ

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック