748

「ごぼうの党」の代表である奥野卓志氏が、自身の古くからの友人である滝沢秀明氏について、驚きの告白をした。滝沢氏は昨年11月にジャニーズ事務所を退所し、新会社「TOBE」を設立した。奥野氏は「ごぼうの党」の公式ツイッターで、7月28日に3つのツイートを投稿し、「滝沢秀明さんという15年来の友人がいます」と書き始めた。
奥野氏は、滝沢氏と一緒に火山に挑戦したエピソードを紹介した。「突然『火山行こうよ?』というLINEが来て」と明かし、二人で火山に登ったことを語った。
しかし、火山登頂は素人同然だった奥野氏にとっては危険な冒険だった。命綱がロープに噛み込んだり、雨が降り出したりというトラブルに見舞われた。そんな中、滝沢氏は奥野氏のためにテントを作ってくれたり、「中で休んで下さい」と声をかけてくれたりという優しさを見せた。奥野氏は「タッキーと私の間で上下関係が出来た瞬間でした」と回想し、「年下なのに先輩になった」と述べた。投稿には火山で一緒に写真を撮った二人の姿も添えられていた。
この投稿は、奥野氏と滝沢氏の深い友情を示すものだったが、一方で、ネット上では不穏な反応も見られた。
「奥野氏は滝沢氏との仲良しぶりをアピールするつもりだったようですが、党の公式アカウントから投稿したことや、自分や滝沢氏について『駆け引きや嘘が極端に嫌い』『ズルい人間が嫌い』『(滝沢氏と)目に見えない鎖みたいなもので繋がっています』『死ぬまで仲間を裏切りません』などと書いたことに対して、ネットでは『ごぼう側から“タッキー逃げるな”って言ってる?』『脅迫的だ』『オープンにして切れないようにしてる』という指摘もあります。
また、奥野氏はジャニーズ事務所の性的暴行問題を厳しく批判してきた人物でもありますし、滝沢氏もジャニーズ内部の対立が原因で事務所を辞めたという報道もありますから、『タッキーの味方になろうとしてる?』『面倒な人と関わってしまいましたね』という声も聞こえてきます」(テレビ雑誌記者)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック