758

「私はバカなご意見番だと言われていますが、それはどういう意味でしょうか?」
広末涼子が不倫相手として人気シェフの鳥羽周作氏との関係を暴露されたことで、波紋が広がっている。和田アキ子が、「アッコにおまかせ!」(TBS系)でこのように怒りを爆発させたのは7月2日の放送だった。原因は、鳥羽氏が新しいレストランのオープニングで記者に向かって吐き捨てた言葉だった。
「和田は自分のラジオ番組で広末の不倫問題についてコメントしたんです。それに対して鳥羽氏が『頭が悪いと思いますよ。ご意見番って言ってますけど何なんですか』と発言したんです。それを東スポWebが報じたことで、和田がテレビで反論したんです。業界では『最も敵対すべきではない人を敵にした』と大騒ぎになりました」(芸能記者)
それは単に「ベテランを刺激したことで広末の芸能界での地位が危うくなる」ということだけではない。和田といえば、その強さで「喧嘩最強」と呼ばれる女性。サッカー経験者の鳥羽氏でも、一対一では敵わないと見られているからだ。
「父親は柔道教室の先生で、和田は若いころ、大阪ミナミでヤンキーをしていた。芸能界に入ってからも西城秀樹が遅刻してきたら殴ったり、『ゴッド姉ちゃん』そのものの女性なんです」(芸能記者)
実際、その拳の威力は恐ろしく、20年くらい前に殴られたことがあるテレビマンによると、
「飲み会でアッコさんも酔っていたせいか、拳を振り下ろすスピードは遅かったから助かりました。でも、目から火花が飛びましたよ。次の日には頭の上に直径2~3センチのコブができていて、しばらく腫れが引きませんでした」
しかし、和田も年を取って、やはり力も衰えていると思われるが…。
「以前、カンニング竹山が飲み会の後に、『ケンカしようか?』と和田に絡んだそうです。その時、和田は60代後半、なら勝てるだろうと思ったそうですが、エレベーターの中で腹と顎に拳をくらって、すぐに勝てないと分かったそうです。また、最近は拳を痛めると言って、平手で相手の両耳を同時に叩くんだそうです。これを食らうと、平衡感覚がおかしくなるらしく、男性でも立ち上がれなくなるそうです…」(芸能記者)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック