761

滝沢秀明氏が3月に立ち上げた新事務所『株式会社TOBE』は、早々に批判の的になっているらしい。
「TOBE」には、元『V6』の三宅健や『King & Prince』の元メンバー・平野紫耀と神宮寺勇太が加わっている。
ジャニーズ事務所を離れたタレントたちの新しい場所として注目されており、滝沢氏もSNSで積極的に情報を発信している。だが、そのSNSでの発言が炎上してしまったというのだ。
7月31日にTikTokでライブ配信をした滝沢氏は、世界進出のためには配信サービスでの成果が重要だと語り、視聴者に再生回数を増やす方法を教えてくれた。
その方法とは、寝る前に家族のスマホを借りて、曲をリピート再生し続けるというものだった。
滝沢氏は、これは一つの手段に過ぎないというつもりで話したのかもしれないが、ファンの多くはそう思わなかった。
まるで〝音楽を聴く必要はなくて、再生回数だけ稼げ〟と言っているように感じられてしまい、非難の声が相次ぎ、炎上騒ぎになってしまったのだ。
「今回の滝沢氏の発言は、以前『King & Prince』がファンに求めていたこととは正反対の戦略です。5人だったころの彼らは、ファンに対して〝愛されたら嬉しい〟と謙虚な姿勢で接してきました。
また7月26日に『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した『King & Prince』の残留メンバー・永瀬廉と髙橋海人は、どうやって応援してほしいかと聞かれ、『CDを買ってくれようとかYouTubeで再生回数を増やそうとかしなくても、自分らしく、今まで通り見守ってくれればいいんですよね』と答えていました。彼らの言葉と滝沢氏の考え方は全く違っており、ファンから反発されている理由です」(芸能ライター)
SNSで物議をかもしているのは滝沢氏だけではなく、「TOBE」に入ったことでSNSを始めた平野も同じだ。SNSを頻繁に更新することで、「アイドルらしくない」と不満を持つ人が出てきている。
さらに、7月31日のインスタグラム投稿では、ファンから《熱中紫耀(熱中症)》というコメントが寄せられたことに対して、《誰だよ!!! 熱中紫耀なんて言ってるやつ!笑》《俺で火照らないでね》と返した。
以前ネット上では「アナフィラ岸(キシ)ーショック」や「神(じん)ましん」といったメンバーをもじった言葉が流行っていたが、「命に関わる症状や病気を冗談にするのはやめてほしい」という意見が多く見られたのだ。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック