791

女優の桐谷美玲は自分のインスタグラムで、爽やかで涼しげな夏のコーディネートを自撮りで公開した。それは7月13日のことだった。「以前はTシャツが苦手でした。今は楽チンで好んで着てます。こうして大人になっていくんですね」と書いて、Tシャツが苦手だったことを明かしている。
「桐谷さんは『暑さ対策に膝から空気が入るスタイル』と、ゆるめの白いTシャツに、膝に穴が開いたカーキ色のパンツを合わせたコーデを紹介しました。サングラスやサンダルも加えて、カジュアルな夏の雰囲気を出していますね。フォロワーからもたくさんの称賛が寄せられています。桐谷さんというと、すごく細身で華奢な印象がありますが、そのせいか、体のラインが隠れるお嬢様風のワンピースや、シックな色の服を着ることが多くて、清潔感や大人っぽさを演出しているように見えました。Tシャツが苦手だった理由は言っていませんが、おそらく肩幅が狭くてTシャツが似合わないと思っていたのかもしれません。でも、今回のコーデは似合わないどころかとても可愛らしいですよね。そして好きになって着るようになったことに『こうして大人になっていくんですね』とコメントしていますが、最初は苦手だった夫で俳優の三浦翔平さんと結婚して幸せそうな生活を送っていることも関係しているかもしれませんね」(女性誌ライター)
実は桐谷さんが克服したのはTシャツだけではなかった。
「6月29日に放送された情報番組『DayDay.』(日本テレビ系)で、桐谷さんは三浦さんの第一印象について『すごく苦手なタイプでした』と話していました。初めて会った時は『目つきが悪くてトゲトゲしくて、私とは全然違うタイプだと思ってました』と言っていましたが、今回のTシャツの話と重ね合わせると興味深いですね。Tシャツを好きになって着るようになったことに『こうして大人になっていくんですね』と言っていますが、最初は苦手だった三浦さんと恋に落ちて結婚したことも“大人になる”ことの一つなのかもしれません。今では気負わなくてもいい結婚生活を楽しんでいますし、苦手だったTシャツを好きになっている今の桐谷さんの言葉には、大人になるということの意味が込められているように感じられた人も多いのではないでしょうか」(女性誌ライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック