805

元乃木坂46メンバーである松村沙友理が、8月30日に放送された『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)に出演し、高校時代の野球部の応援について本音を語った。
この日の番組では「文化系の女と体育会系の女 分かり合えない価値観バトル」というテーマで話し合った。文化系の女として参加した松村は、大阪桐蔭高校の卒業生だと明かした。
同校は毎年甲子園に出場する強豪校だが、同時に進学校でもあり、「学校生活は勉強ばかりで、土日も学校に通っていた」と忙しかったと振り返る。
夏は野球部が甲子園を目指すため、チアリーディング部や吹奏楽部はもちろん、他のクラスの生徒もアルプス席で応援するのが慣例だという。
これはまさに青春と言えるかもしれないが、松村はその実態について「友達から『アルプス席で応援するの楽しそう』って言われたけど、実は進学校だから、夏休みは2週間しかないのに、宿題が山ほどあるんだよ。みんな甲子園の時期は宿題で大変なんだよ。応援なんてできないよ」と正直に言う。
しかし、応援に行かないと欠席になってしまうから、仕方なく応援しに行っていたと告白し、「みんな華やかに応援してるように見えるけど、実はずっとドリルとか単語帳を見てるんだよ。甲子園でも勉強してたんだよ」と話した。
「甲子園の開催時期や時間は毎年問題になりますが、それは選手だけでなく応援席も同じです。甲子園シーズンは強制応援に不満を漏らす声を、SNSでよく見かけます」(芸能ライター)
今年は107年ぶりに優勝した慶應義塾高等学校は、三塁側に在籍生やOBらが大勢集まり、応援歌『若き血』を大合唱した。相手チームの仙台育英高校の選手の声が聞こえないほど大きな声援が注目された。
「他にも、毎日テレビでは、チアリーディング部の生徒を特集したりして、まるでスタンドにいる人たちがみんな自分の意思で応援しているかのような印象を与えます。
しかし実際には〝野球部だけなぜ特別扱いされるのか〟〝吹奏楽部の強制参加は辛い〟という声もあるのです」(芸能ライター)

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック