812

吉本興業は民放の大手キー局の株主であり、その力を新番組の出演者選びに使ったのかもしれない。
TBSは8月31日にオンラインで10月期の新番組発表会を行った。『ダウンタウン』や『雨上がり決死隊』などが出演していた人気バラエティー『リンカーン』の後釜として、『ジョンソン』という番組を始めるという。
「リンカーン」は当時のお笑い界のトップ芸人が集まった豪華な番組だったが、「ジョンソン」も『かまいたち』や『見取り図』など、今のお笑い界の注目株がレギュラーになっている。
しかし、この出演者は、お笑い界の事務所間の力関係が反映された、あまり公平とは言えないものだ。
「『リンカーン』に出ていた『キャイ~ン』は浅井企画、『さまぁ~ず』はホリプロ所属でしたが、『ジョンソン』に出る芸人はマセキ芸能社の『モグライダー』以外は全員吉本興業。吉本が次世代のMCとして売り出そうとしているコンビばかりで、吉本の思惑が見えてしまいます」(お笑い評論家)
この人選からは、民放株主としての吉本の強い影響力が伺える。出発点が不公正であれば、内容も期待薄だろう。
「ジョンソン」に不安を感じる点は他にもある。「リンカーン」の続編を名乗るくせに、大物芸人が一人もいないのだ。
「『ダウンタウン』や『雨上がり』や『さまぁ~ず』や『キャイ~ン』は、『リンカーン』に出ていた時点ですでにお笑い界の大御所だった。それに比べて、『ジョンソン』に出る芸人は、売れてはいるけど中堅どまりです」(お笑いライター)
この出演者も、吉本の意向が関係していると思われる。
「本当に『リンカーン』みたいな番組を作りたければ、『サンドウィッチマン』や『オードリー』やバカリズムなどの〝格〟が必要だ。同じ吉本でも『千鳥』くらいは欲しいところですが、吉本が『かまいたち』や『ニューヨーク』や『見取り図』を押したかったから、こんな人選になったんでしょう」(制作会社関係者)
インターネット上ではすでに《メンバーが弱すぎる》《ただの吉本の押し付け番組 モグライダーが気の毒だ》《このメンツではワクワクしない》《このレベルでは無理だろ》など、期待感ゼロの声が広がっている。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック