781

『午前0時の森』(日本テレビ系)の12日深夜の放送で、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、6月末に降板した昼のバラエティ番組『ヒルナンデス!』について語った。初めて出演したときの感想を明かし、同局・水卜麻美アナを困惑させた。
この番組では、人生を楽しく生きる明るい人を「あっち側」、悩みが多くて引っ込み思案な人を「こっち側」に分け、「こっち側」のゲストと共に相談コーナーを行う。
この日は、「こっち側」MCの若林が、『ヒルナンデス』に12年間レギュラー出演していたときのエピソードを暴露した。
「『ヒルナンデス』のレギュラーが決まったとき、スタジオは全然テンション上がってなかったよ」と若林が憤慨する。
水卜アナや他の出演者は「本当ですか?」「そんなことありませんでしたよ」と驚くが、若林は「2週間ぐらい待たせて、俺と春日(俊彰)が登場したら全然反応しなかった」と主張する。観客が盛り上がらないのは自分達の力不足だとわかるけど、「出演者はもっと盛り上げろよ。仕事だろ」と言って笑わせた。
『ヒルナンデス』のアシスタントをしていた水卜アナは「私はすごく盛り上がってたんですけど、そんな記憶はないです」と弁明するが、若林は「嘘つけよ」と信じない。
水卜アナは「本当なんですけど」と強く言う。「新人だったときからお世話になっていた恩人だったから、私が先に『ヒルナンデス』に行って、その後オードリーさんが来てくれたから私はすごく嬉しかったんですけど」と説明する。
「そうだったのかな」と苦笑いする水卜アナに対して、若林は「じゃあ、ありがとうね」と照れくさそうに笑っていた。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック