787

ジャニーズの人気グループ『Snow Man』のメンバーである目黒蓮が、厳しい状況に直面している。今までジャニーズのトップスターとして君臨していた目黒だが、突然に暗雲が立ち込めているようだ。
「もちろん、ジャニーズ事務所の性加害事件が大きな要因です。CM契約の解消やテレビ出演の自粛など、ジャニーズのタレント全員が危機に陥っています。
目黒もその例外ではなく、最高潮に達していた勢いが一気に失われてしまった。すでにブレイクしていたとはいえ、〝超大ブレイク〟のチャンスを逃したと言えるでしょう」(芸能関係者)
さらに目黒は、今クールに出演した主演ドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系)が大失敗に終わった。
「目黒にとって、民放ゴールデンタイムで初めての連続ドラマ主演だったのですが、この作品はTBS金曜ドラマ枠の最低視聴率を更新すること間違いなしの大爆死。
その原因の一つが、目黒の不自然な陽気な演技だと言われています。『silent』(フジテレビ系)で得た評判も台無しになりましたね」(関係者)
そんな目黒とは対照的に、『TOBE』所属の平野紫耀は今、強力な追い風を受けている。
「ジャニーズを辞めてからは地上波から姿を消していた平野でしたが、先日開かれたジャニーズ記者会見で、〝辞めジャニ〟への妨害はしないと、新社長の東山紀之がハッキリと宣言しました。
これでテレビ局もジャニーズの顔色を気にする必要がなくなり、TOBEタレントへのオファーが自由になりました。むしろ、問題を抱えたジャニーズタレントよりも、TOBEタレントの方が安心して起用できます。ジャニーズを辞めたことが大きくプラスに働き始めたのです」(関係者)
しかも平野は目黒と違って実力もある。
「平野がジャニーズを辞める前、目黒と同じTBS金曜ドラマ枠で主演を務めていましたが、視聴率は『トリリオンゲーム』の1.5倍ほど。
平野は他にも、『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)など、ドラマでは外れなし。目黒とは実力が違うんです。
TOBEタレントへのオファーが可能になった今、各局は平野を争奪戦になっています。皮肉なことに、目黒主演でドラマ企画を進めていた制作チームも、『平野なら平野でも…』と考えているそうです。
数週間前までは、目黒が圧倒的な一番手だったのに、今や平野の落ち度として扱われている。業界内で2人の立場は完全に逆転しましたね」(関係者)
予想もしなかったことで、急にチャンスがやってきた平野。スーパースターは〝運がいい〟と言いますが、まさにその通りでしょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック