802

滝沢秀明氏が設立した芸能事務所『TOBE』について、驚くべき噂が飛び交っている。ジャニーズ事務所が近々社名を変えるというニュースに対して、滝沢氏が社外顧問として協力するのではないかという見方があるのだ。
「社外顧問というのは、『株式会社ジャニーズ事務所』の社員になるわけではなく、企業と個人が委任契約を結んで相談役になることが多いです。社長や会長が顧問になることもありますが、それよりも距離があると考えた方がいいでしょう。滝沢氏は経営には関与せず、協力的な立場になると思います」(人材業界関係者)
滝沢氏はジャニーズに10代で入ってから副社長まで登りつめた人物だ。ジャニーズとの関係は深く、一般人には想像できないだろう。
「滝沢氏は『SMAP』が解散した時に、元『SMAP』の中居正広に対して『(育ててくれた事務所に)感謝しないといけない。それがわからないのはアホだ』と、ある週刊誌で批判したと言われています。本人は否定していますが、滝沢氏はジャニーズに対して強い愛情を持っているのです。ジャニーズに何かあったら、放っておけないでしょう」(ジャニーズライター)
滝沢氏はジャニー喜多川氏、メリー喜多川氏、藤島ジュリー景子氏からも特別に可愛がられた存在だった。
「織田信長の家臣として有名な木下藤吉郎(豊臣秀吉)が〝下足番〟と呼ばれたように、滝沢氏も〝ジャニーズの下足番〟と呼ばれました。滝沢氏は、これからも表に出ないところでジャニーズを支えると思います」(ジャニーズライター)
現在、『TOBE』には元『V6』の三宅健、元『King & Prince』の平野紫耀と神宮寺勇太が在籍している。
「滝沢氏が引き抜いたという雑誌もありましたが、そんなことをしたらジャニーズから圧力がかかるでしょう。滝沢氏は三宅、平野、神宮寺をジャニーズから移籍させて、再生の場を与えたのです。それくらいジャニーズとの〝絆〟は強いということです。ジャニーズに敵対したら、自分のジャニーズ愛を否定することになりますから」(ライター)
滝沢氏は、どのようにして顧問としての役割を果たすのだろうか。
「新Jr.の発掘が重要です。『TOBE』はオーディションを行っています。年齢制限はありませんが、女の子は『TOBE』で育てて、男の子はジャニーズに送るという話です。今、Jr.は井ノ原快彦が担当していますが、有望な人材を見つけたという話は聞きません。やはり、滝沢氏に頼るしかないでしょう」(ライター)
滝沢氏は影のジャニーズと言えるのかもしれない。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック