807

フジテレビ系で10月から始まったトークバラエティー『オドオド×ハラハラ』が、早々に苦戦している。同局は「やっぱり、楽しくなければフジテレビじゃない」というスローガンを掲げているが、その楽しさが伝わっていないようだ。

番組には、お笑いコンビの『オードリー』と『ハライチ』が出演している。演出は、テレビ東京から移籍した人気プロデューサーの佐久間宣行氏が担当している。

オードリーと佐久間氏は、テレビ東京系の『あちこちオードリー』で高い評価を得ていたので、この番組にも期待が寄せられていた。

しかし、初回2時間SPの視聴率は、世帯視聴率3.0%、個人2.0%にとどまった。TVerのお気に入り登録数も7.2万と低調だ。

「裏番組には、『ぐるナイ』(日本テレビ系)、『モニタリング』(TBS系)という強力なライバルがいるので、それほど悪い数字ではないとも言えます。実際、特番時代には、世帯5.2%、個人3.3%、キッズ層の視聴率トップという好成績を収めて、レギュラー化されたのですから、これから伸ばしていける可能性はあります」(バラエティー評論家)

ただ、視聴者からの反響は芳しくなく、《話題にもならない》《あいうえお作文のサスペンスが面白かったのに、今は何やってるの?》《『ジョンソン』が不人気なのはネタになるけど、この番組はネタにもならない》といった厳しい声がネット上にあふれている。

「面白い・つまらないという議論があればまだいいのですが、この番組はそもそも注目されていないというのが現状です。キッズ層の視聴率が高いというのも、子供たちが見ているだけで、大人たちは興味を持っていないということでしょう。ネットで話題にならないのも、その表れですね」(評論家)

フジテレビは、先日テレビ東京に視聴率で負けたというニュースが話題になったばかりだ。新番組が注目されないというのは、その深刻さを物語っていると言えるだろう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック