802

放送作家として引退を控えた鈴木おさむ氏が、YouTubeチャンネル「佐久間宣行のオールナイトニッポン」にゲスト出演し、自身が脚本を担当した2020年のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)に関する舞台裏を語った。

このドラマは、平成の歌姫と呼ばれた浜崎あゆみをモデルにした恋愛物語であるが、実は主演女優が急遽変更されたという。当初は沢尻エリカが浜崎役を演じる予定だったが、制作側から「安斉かれんに変えてほしい」という要望があり、鈴木氏は渋々了承したという。

安斉は演技経験がなく、鈴木氏は彼女の演技力に不安を感じたという。そこで、本格的なドラマではなく、ネタドラマとして作ることにしたという。その結果、『M』はネット上で〝笑えるドラマ〟として注目され、話題となった。

しかし、その話題が浜崎の耳に入ったところ、彼女は激怒したというウワサが流れたという。鈴木氏は「浜崎さんはこのドラマの話をするのがタブーになったらしいですよ。SNSでも一切触れてくれなかったですし」と明かした。

最終回の前日になって、浜崎は自身のSNSでドラマの宣伝をしたが、それは怒っていないふりをしただけで、本心はやはり怒っていたのではないかと鈴木氏は推測した。

「浜崎は自分の半生をドラマ化すると聞いて、沢尻エリカ主演で期待していたのでしょう。しかし、演技素人の新人アーティストに変わって、人生をコミカルに描かれたら、怒らないほうがおかしいですよね」(芸能ライター)

沢尻エリカは最近、女優として復帰したというニュースがありました。もし、『M』がリメイクされるなら、ぜひ沢尻エリカに浜崎役を演じてほしいですね。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック