803

竹俣紅アナウンサーはフジテレビの〝リストラ対象〟と噂されていたが、なんとか生き残ったようだ。しかし、それは彼女の能力が評価されたからではなく、一時的な措置だという。

「フジテレビの女子アナは妊娠や病気で長期休暇に入っている人が多いです。他の女子アナに負担がかかるので、竹俣アナも残すことにしたようです。今後は、局からどれだけ信頼されるか、彼女の努力にかかっています」(女子アナライター)

エースの永島優美アナは7月に妊娠を発表した。小澤陽子アナも8月に妊娠したと報告した。山﨑夕貴アナや宮澤智アナは8月に出産したと伝えた。

また、三上真奈アナは腸炎で何度も番組を休んだ。渡邊渚アナは重い病気なのか、ずっと休んでいる。

「長期休暇に入っている女子アナの代わりにフリーアナを使うこともできます。でも局アナを使った方が給料を安くできます。そのために竹俣アナが残っているという話もあります」(ライター)

フジテレビは去年、大規模なリストラを行った。人気のあった女子アナを異動させたり、退社させたりした。見た目が最高と言われた女子アナも契約を更新しなかった。別の女子アナは異動させられて、自分で退社した。

「竹俣アナは局の中で孤立していて、大きな仕事はなく、クビになるのではないかと言われていました。でも危機を回避したとしても、まだ安心できません」(ライター)

竹俣アナは2021年、早稲田大学を卒業してフジテレビに入った。入社する前の20年12月に写真集『夜明け前、紅さす。』を出した。これが不評を買っているという。

「入社が決まっていたから、学生のうちに写真集でお金を稼ごうとしたのか、スタイルのいい体をたくさん見せた。入社前だったとしても、無茶すぎると入社後は局の中でも嫌われた」(ライター)

入社3年目の10月期でも天気予報や競馬番組がメインだ。

「フジテレビの競馬番組は出世しないコースです。顔が特徴的なのに、アイドルみたいな高い声で話すのもあまり好まれない。元女流棋士、タレントですが、知名度があまり上がらない。戦力外から契約を延ばしたという感じでしょう」(夕刊紙記者)

竹俣アナの女子アナとしての道は険しい。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック