804

12月30日に行われる恒例の音楽賞『輝く!日本レコード大賞』の優秀作品賞が発表された。その中には、今年話題になった曲が多数含まれているが、一方で疑問の声も上がっている。

「日本レコード大賞」は、その年に発売されたシングル曲を対象に優れた楽曲を選ぶ音楽賞で、今年で65回目を迎える。優秀作品賞には、新しい学校のリーダーズの『オトナブルー』、Adoの『唱』、NewJeansの『Ditto』、JO1の『Trigger』など10曲が選出された。

作曲賞には、『アイドル』で大ブレイクしたYOASOBIの作曲家・Ayaseが、作詩賞にはMY FIRST STORYのボーカリスト・Hiroが『I’m a mess』で受賞した。

「しかし、優秀作品賞に『アイドル』が入っていないことに対しては、不満の声が多く聞かれます。『アイドル』はアニメ『【推しの子】』(TOKYO MX ほか)の主題歌としても使われ、ストリーミングでは日本記録となる5週間で1億回再生を達成。YouTubeでも35日で1億回再生を記録し、Billboard JAPANの『JAPAN Hot 100』では、7週連続で首位に立っています」(芸能ジャーナリスト)

また、3年前に発表された『オトナブルー』が優秀作品賞に選ばれたことも注目されている。

「『オトナブルー』は2020年にリリースされましたが、今年4月に発売されたEP『一時帰国』にも収録されています。この曲が人気になったきっかけはTikTokで、TikTok上半期トレンド大賞2023大賞にも選ばれました。レコード大賞の選考基準には〝その年度を代表する作品であり、大衆の支持を得た作品〟という項目もありますので、優秀作品賞に入ったのでしょう」(ジャーナリスト)

レコード大賞は、レコード会社の思惑が影響していると言われており、権威が低下しているとの声もあります。大賞を受賞したとしても、アーティストは喜べるのでしょうか。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック