804

『Number_i』というグループは、平野紫耀・岸優太・神宮寺勇太の3人で構成されています。彼らは、YSL Beautyの香水とコラボレーションして、中年女性の間で大人気になり、爆買い現象を起こしています。

11月20日から、東京・表参道のポップアップストアで、3人が出演する特別な動画が公開されました。しかし、人だかりができてしまい、YSL Beauty Japanの公式Xは、安全のために動画の上映を早めに終了すると発表しました。

イヴ・サンローランの公式通販サイトでは、3人が紹介した香水は完売状態です。1万円以上もする高級な香水なのに、3人の影響力はすごいですね。

さらに、香水のミニサイズが付録になっている『ViVi』1月号も、発売日の22日には在庫切れになるほどの人気でした。SNSでは、買えなかったファンが残念がっている様子が見られました。

メンバーも自分たちの影響力をわかっているようで、岸は23日のXで、バナナチップスのぼやけた写真を投稿しました。これは、同じ商品が特定されて買い占められるのを防ぐための配慮だと、一部のファンが推測していました。

「Number_i」は、関連する商品をどれも売り切れにさせるほどの人気と影響力を持っています。その背景には、中年女性の購買力があると言われています。

「『Number_i』のファンの多くは中年女性です。SNSでは、ポップアップストアの列に40代から60代の女性が並んでいると話題になりました。グループがこの層を狙っているのは、戦略的な判断があるのでしょう」(マーケティング関係者)

若い社員や学生は、お金に制限があります。しかし、お金に余裕のある中年ファンは、たくさんの商品を買うことができます。だから、この層にアピールするのは、賢いマーケティングだというのです。

「中年女性や子育てが終わった主婦は、貯金などがあってお金がたくさんあります。『Number_i』は、この層をメインにして、彼女たちの爆買いを利用して、自分たちの影響力をアピールしているのです。

これは、羽生結弦や昔の石川遼ファンにも似ています。彼らも関連するグッズやプロデュースした商品が中年女性に大人気でした。こうやって、売り切れニュースを作ることで、人気やタレント力を印象づける戦略なのです」(マーケティング関係者)

以前のジャニーズ事務所は、学生が多いファン層に配慮して、グッズやチケットの値段を安くしていました。しかし、TOBEは逆のやり方をしているようです。

これは、元の事務所との決別を示すものなのでしょうか。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック