805

お笑いトリオ『3時のヒロイン』のメンバーである福田麻貴が、来年1月から始まるドラマ『婚活1000本ノック』(フジテレビ系)で、連続ドラマ初主演を果たすことになった。これまでにも『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系)や『時をかけるな、恋人たち』(フジテレビ系)などにゲスト出演していたが、主演は初めての挑戦だ。

ドラマの原作は、33歳独身の女性が自らの婚活体験を赤裸々に綴ったエッセイ。福田は、原作者のモデルとなるヒロイン・南綾子を演じることになる。綾子は、恋愛の悩みや失敗を乗り越えながら、1000本ノックのごとく婚活に奮闘する姿を描く。

福田は、主演の話が来たときには《自分で大丈夫かな?》と不安に思ったが、原作を読んで《主人公の綾子のポジションが絶妙で、リアルすぎる》と感じたという。《演技は素人なので、迷惑をかけないように頑張ります!》と意気込みを語っている。

しかし、『婚活1000本ノック』が放送されるフジ水10枠は、視聴率が低迷している。現在、向井理主演の『パリピ孔明』が放送されているが、初回の視聴率は6.1%で、その後は4%台、3%台と低下している。11月15日放送の第8話は3.6%で、最低記録を更新した。

「フジ水10枠は、過去には『ショムニ』や『リーガルハイ』、『僕のいた時間』などのヒット作を生み出してきましたが、廃止と復活を繰り返してきました。現在は第4期に入っていますが、2022年に復活した間宮祥太朗主演の『ナンバMG5』から視聴率が振るわない状況が続いています。

一方、水曜10時の枠は、日本テレビ系では『家政婦のミタ』などの人気ドラマが放送されてきましたが、最近は視聴率が低下しています。TBS系では『水曜日のダウンタウン』が放送されており、芸人たちの人気番組となっています。福田は、芸人としての活躍を捨てて、女優としての道を選んだのでしょうか」(ライター)

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック