812

〝ひろゆき〟として知られる実業家の西村博之氏は、何事にも忖度せずに批判する姿勢で有名だが、実は自分の関係者や仕事仲間には甘い一面があるらしい。

最近では、ジャニーズ事務所の問題について、YouTubeやXで辛辣なコメントを連発しているひろゆき氏だが、その発言には不合理な点も多く見られる。

「ひろゆき氏は、社会問題に対しても、正義感からか、被害者だろうが加害者だろうが、矛盾があれば容赦なく指摘するスタイルです。しかし、ジャニーズ問題では、信憑性に欠ける証言をもとに批判したり、ジャニー喜多川氏の側近であった滝沢秀明氏の責任には触れなかったりと、偏った見解が目立ちます。これには、なぜなのかと疑問に思う人も多いのです」(WEBジャーナリスト)

その疑問の答えが、11月27日に明らかになった。

この日、滝沢氏は自身のXを更新し、自らが代表を務める事務所・TOBEアーティストの知名度アップのために、ファンが作成した切り抜き動画を公認すると発表した。

ファンは事前にフォームで申請をすれば、事務所から許可を得て、切り抜き動画をアップできるようになる。申請はGoogleフォームを使って行われるのだが、その管理会社が注目される。

申請フォームの下には《この申請フォームは有限会社未来検索ブラジル/ガジェット通信クリエイターネットワークが管理しております》と書かれている。

未来検索ブラジルとは、かつて2ちゃんねるの管理人だったひろゆき氏が2003年に設立したIT企業で、ひろゆき氏は現在も同社の取締役を務めている。つまり、ひろゆき氏と滝沢氏は、ビジネス上のパートナーとして関係しているのだ。

ひろゆき氏が滝沢氏とどのように接点を持ったのかは不明だが、ひろゆき氏が滝沢氏やTOBEを批判しなかった理由は、ここにあると考えられる。

「ひろゆき氏は2021年6月、宮迫博之のYouTubeに出演し、自分の切り抜き動画でも収入が得られることを明かしました。『コンテンツIDというYouTubeのツールを使い、僕の動画をちょっとでも混ぜた動画を載せている人の収益を全部奪い取るって仕組みがあるんですよ』と語り、無断で使われた場合は全額、公認したチャンネルとは半分ずつ収益を分けていると話しました。

未来検索ブラジル社は公式サイトにも記載されている通り、YouTubeとGoogle AdSenseの認定パートナー企業です。おそらく、切り抜き動画の収益化の方法をTOBE社にアドバイスしたり、収益化事業の運営も請け負ったりするコンサルタントの役割を果たしているのでしょう」(ジャーナリスト)

ひろゆき氏は忖度なしに物事を見る人物と思われていたが、実は自分の利益に関わる相手には忖度することもあるようだ。ひろゆき氏の発言に共感する人たちは、もう少し冷静になった方がいいかもしれない。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック