813

11月23日から公開中の映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』は大ヒット中だ。日本アカデミー賞で各賞を独占する可能性が高いと見られている。

2019年に公開された前作『翔んで埼玉』は興行収入37.6億円の大成功を収めた。第43回日本アカデミー賞では12部門にノミネートされ、監督賞、脚本賞、編集賞の3部門で最優秀賞を獲得した。

今作の『~琵琶湖より愛をこめて~』は、公開4日間で44万4000人を魅了し、6億2900万円の興行収入を上げた。前作と比べて160.9%という驚異的な伸び率で、3週間連続でトップだった『ゴジラ―1.0』を抜き去って首位に立った。

「来年の日本アカデミー賞は、『ゴジラ―1.0』と『翔んで埼玉』の一騎打ちになると言われていますね。

興行収入では『キングダム 運命の炎』、『ミステリと言う勿れ』、『劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室』なども有力候補ですが、話題性ではこの2作品が群を抜いています」(芸能記者)

だが、その2作品に対抗する作品も存在する。

「是枝裕和監督、坂元裕二氏脚本の『怪物』です。日本アカデミー賞は漫画の実写作品などエンタメ色の強い作品には厳しい評価を下す傾向があるので、社会派の作品が最後に賞を奪う可能性があります。第43回日本アカデミー賞でも、『翔んで埼玉』は最終的に、主要な賞は全て、興収4.8億円の不入り映画『新聞記者』に持っていかれてしまいました。

その時、ネット上では《翔んで埼玉がアカデミー賞を取るはずがないから新聞記者が選ばれたんでしょうね》《日本アカデミー賞の信用がなくなりましたね》《注目されていない作品がどうして最優秀作品賞になるのか分かりません》と批判が相次ぎました」(記者)

今回の結果はどうなるのでしょうか。『怪物』はかなりの話題作だったので、こちらが有力候補かもしれませんね…。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック