802

火曜ドラマ『シッコウ!!~犬と私と執行官~』の主演を務める伊藤沙莉の活躍が話題になっている。7月18日に放送された第3話では、関東地区で平均9.2%の視聴率を獲得し、前回より0.5ポイント上昇した。 このドラマで注目を集めているのは、伊藤沙莉の相手役として出演している織田裕二だ。織田は1991年に月9ドラマ『東京ラブストーリー』で大ブレイクし、その後も『振り返れば奴がいる』や『お金がない!』などで主演を務めた。1997年からは『踊る大捜査線』シリーズで国民的俳優の地位を確立した。

「しかし、2018年に『SUITS/スーツ』で10年ぶりに月9に復帰したものの、視聴率は低迷。2020年のシーズン2では、コロナ禍で放送が中断されたことも影響し、全話平均視聴率は8.5%にとどまった。その後は民放ドラマから遠ざかっていた。 今回は3年ぶりの民放ドラマ出演で、テレビ朝日のドラマには初めて出演するが、主演ではなく“脇役”という立場だ。
過去の栄光を捨てて新たな挑戦をしたということだが、制作側は織田の存在感を重視しており、主演の伊藤沙莉を圧倒している。『織田裕二が主演だと思ってた』という視聴者の声も多く聞かれる。コミカルな演技も見事で、無理に若ぶることもなく、おじさん執行官を演じている。織田の魅力を再認識した人も多いのではないだろうか」(芸能ライター)
一方、織田と同じように視聴率に苦戦しているのが木村拓哉だ。

木村はかつて“視聴率男”と呼ばれ、数々のヒットドラマを生み出してきた。しかし、昨年4月期のテレビ朝日系木曜ドラマ『未来への10カウント』は全話平均10.9%と振るわず、第3話と第4話では木村主演ドラマとしては初の1ケタ視聴率を記録した。 さらに、今年4月期のフジテレビ系月9ドラマ『風間公親―教場0―』は全話平均9.8%と、木村主演ドラマで初めて2ケタを割った。キムタク神話は崩れ、主演俳優としての地位が揺らいでいると言われている。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック