804

「もやもや病」という名前は、心の問題のように聞こえるかもしれないが、実際には違う。脳に酸素と栄養を運ぶ大きな動脈が閉塞し、代わりに細い変形した血管が増えていく。これは脳血管障害の一種で、最悪の場合、死につながることもある。厚生労働省はこの病気を難病に指定しているが、なぜ起こるのかはまだ分かっていない。

この「もやもや病」を一般に広めたのは、「レイニーブルー」「壊れかけのRadio」などのヒット曲で有名な、徳永英明だ。

2001年5月、新潟市でコンサートをしていた徳永は、突然歌詞が思い出せなくなり、ステージから降りた。会場は騒然としたが、徳永は何とかステージに戻り、最後まで歌い上げた。次の日の公演もなんとかこなしたが、東京に帰って検査をしたところ、「もやもや病」だと診断されたのだ。当時、レコード会社の人は、筆者にこう話している。

「徳永さんは作詞作曲をするときは夜遅くまでやることが多く、タバコと酒の量も多かったです。それに麻雀やゲームが好きで、仕事が終わっても友達と遊んでいることが多かった。体のことを気にしているとは言えない生活でしたね」

そのため、全国ツアーは中断され、1年8カ月もの間、療養に専念することになった。

徳永が休養から復帰して報道陣の前に姿を見せたのは、2002年11月14日だった。伸びた髪を切り、ヒゲを生やし、セーターとジーンズで登場した徳永は、療養中はサーフィンやサイクリングをしたり、音楽を作ったりして過ごしたと言った。

「新しい人生が始まったような気がします。自分らしく歌えると思います。病気になって、普段着でいいやと思いました。もうカッコつけないでいこうと思います」

復帰後はすぐにシングルとアルバムを発売する予定だった。レコーディングを再開した感想は、歌の素晴らしさを再認識したというものだった。

「怖かったけど、声を出したときは嬉しかったです。ライブは僕の仕事です。早く(ファンの前に)戻りたいです」

復帰後の徳永はタバコと酒をやめ、ゲームや麻雀も控えるようになった。しかし、この病気は原因が分からないので、治る薬がない。2016年2月初旬には、自宅で倒れて救急車で運ばれたというニュースが入った。筆者も関係者に取材をした。

後に、事務所は「救急車で運ばれたのではなく、手がしびれて病院に行った。2月22日に左側の複数の血管にバイパス手術をしたが、成功した」と発表した。しかし、専門医はこう言っている。

「一回手術をしても、また違うところが詰まることがあるんです。それがこの病気の難しいところです」

今は元気にコンサートを再開している徳永だが、

「病気と戦うのではなく、うまく付き合っていくしかないです」

と言っている。改めて「もやもや病」の怖さを感じたのだった

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック