805

「第74回NHK紅白歌合戦」で、44年ぶりにジャニーズ事務所(SMILE-UP.)のタレントが出ないことが決まった。SNSでは、「紅白を見ない」と言うグループのファンも多いし、ファンの数が多いから、視聴率が下がるかもしれないと心配されている。でも、NHKの中では意外と落ち着いているという話がある。NHKと仕事をする、制作会社のスタッフが言う。

「今回、旧ジャニーズ歌手が出ないから、K-POPアイドルのStray KidsとSEVENTEENを初めて呼べました。前は、旧ジャニーズグループを目立たせるために、男性のK-POPアイドルはあまり呼んでいませんでした。本当は、SEVENTEENは去年も選んでもいいくらい日本で人気があります。偶然のチャンスですが、K-POPの力で視聴率が上がると思っていますよ」

Stray Kidsは、2017年にサバイバル・リアリティ番組でできたグループで、2019年にはワールドツアーもやりました。今年は、日本で初めて4大ドームツアーをやって、どこも大盛況でした。日本のメディアにはあまり出ていないから、紅白に出るのが待ち遠しいです。

「Stray Kidsはレコード会社も紅白に出るのをきっかけに、もっと売り出そうとしています。ファンはもちろん、番組を見て応援しますし、見たことがない人も興味を持つでしょう。旧ジャニーズのグループが出ている歌番組よりも、新鮮さがあります。それに4大ドーム公演は34万枚のチケットが5分もかからずに売り切れて、応募した人は250万人以上だと言われています。何回も応募したファンがいたとしても、すごい人気です。動画配信サービスやNHKプラスでの視聴者も増えると思います」(スポーツ紙記者)

もう一つのグループ、SEVENTEENについては、人気が高いから、スペシャルゲストも呼べるかもしれないと期待されている。

「SEVENTEENはStray Kidsよりも人気が高いし、紅白以外の歌番組にもたくさん出ています。ファンは、初めての紅白だから、絶対に見ます。それに、SEVENTEENは今年の1月に香取慎吾と一緒にシングル『BETTING』を出しました。もしできたら、香取を紅白に出すこともできますし、NHKはスペシャル企画として話をしていると聞きました」(スポーツ紙記者)

旧ジャニーズのアイドルよりも、視聴率に影響する2組のK-POPグループがいる。それに、YouTubeやSNSで人気がある「すとぷり」も出るから、視聴者の年齢や性別が変わるかもしれない。今回の紅白がうまくいけば、NHKでは旧ジャニーズはいらないという考えが強くなるかもしれない。


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック