806

テレビ東京の松丸友紀アナは、2004年に入社してから42歳になり、若手アナのスケジュール管理などの仕事を任されている。しかし、その立場から、局内で起こる色々なドラマにも目が行くようだ。11月19日に放送された同局のバラエティ番組「ゴッドタン」で、彼女は局内での“陰口問題”に触れたのだ。

番組MCのお笑い芸人・劇団ひとりが「アナウンス部でもかなり上の方にいるんだよね?」と尋ねると、「上から5番目」と答えた松丸アナは、後輩アナの仕事の割り振りもしていると語った。そこで、ひとりは「若い人たちから悪口を言われたりしないの?」とアナウンス部の人間関係に興味を示した。これに対して「わからないですね。どうなんでしょうね」とはぐらかした松丸アナだったが、もう一人の番組MCであるおぎやはぎ・矢作兼が「◯◯って最後に何て言ってたっけ?」と、その言い方から退社したと思われる”元テレ東アナ”の名前を口にした。

放送ではその名前はピー音で消されたが、松丸アナは「『あの人がいなくなったら空気が良くなるよね』って」と返して、「(私は)空気を悪くしてないですよ!」と弁明した。すると、ひとりが「現場で会ってもいい感じの子だったよ」と、退社した「◯◯」と一緒に仕事をしたことを明かしたが、松丸アナは「自己顕示欲が高い人なんですよね」と「◯◯」の性格についてコメントした。

「松丸アナが話した“アナウンス部内での人間模様”に関する話を聞いて、世間がすぐに思い出したのは2020年9月にSNSに流出した『若手アナウンサーMとI』の、テレ東のスタッフや先輩アナに対する陰口会話の音声だ。多くのメディアが『M』は当時テレ東にいた森香澄アナだと報じたが、彼女は今年3月にテレ東を辞めて芸能事務所に入り、SNSやバラエティ番組でタレントとして活動している。
インターネットではピー音で消された『◯◯』は『森さんだろう』と推測する声が多く、『テレ東の先輩の悪口と言えば、タレントになったあの人しか思いつかない』『森だね!』『すごいな。あの人しかいないじゃん』などの反応が見られた」(テレビ雑誌のライター)

自分の知らないところで名前が出ていたかもしれない森は20日、インスタグラムストーリーで「すっぴんだけど、パンダかわいかった」と書き、ナチュラルメイクの自分の写真を投稿した。この日も、自分のペースで“自己顕示欲強め”な投稿をしてフォロワーを楽しませていたようだが…。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック