いかがわしい飲み会に関与した芸能人やテレビ関係者は安心して眠ることができない日々が続くでしょう
857

ダウンタウンの松本人志が週刊文春による性的行為強要の記事を否定し、文藝春秋社と週刊文春編集長に対して名誉棄損で約5億5000万円の訴訟を起こした。東京地裁には損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴状が提出されたという。

「この問題が表面化したのは、昨年12月27日に発売された週刊文春でした。その号は45万1000部も売れたと発表され、電子版も月額2200円で紙の雑誌よりも1日早く読めるというサービスで多くの会員を集めたそうです。
文春側は報道には公共性と公益性があると主張し、女性の証言にも信憑性があるとして裁判に挑むつもりでしょう。
しかし、もし文春側の立場が認められなければ、名誉棄損の成立があり得ます。そのため、文春側は現在第3弾まで出ている疑惑をさらに追及しようとしていますが、裁判は長期化する可能性が高いと言われています。新たな疑惑が次々と明らかになれば、話題になることは間違いないでしょうが、騒ぎはまだ収まる気配がありません」(スポーツ紙記者)

一方で、元アイドルが松本に飲み会に誘われたことをほのめかすようなSNSの投稿をしたりもしています。このような混乱した状況に、芸能界やテレビ業界の人々は巻き込まれるのではないかと不安になっているという。

「実は、松本の仲間がやっていたとされるような、芸能人が部下に女性を呼ばせて、密室で飲み会をし、そのまま女性を持ち帰る…というような飲み会は、芸能界ではよくあることだといいます。テレビの関係者も一緒になっていることもあり、グラビアアイドルやセクシー女優、無名の女優などを紹介しあっていることもあるそうです。
ドラマで主役を演じるような俳優が、そういう飲み会を開いているという噂もあり、各メディアは、松本と同じような性的行為強要のパーティーを調査しているとか。一部の芸能関係者やテレビ局のスタッフはひやひやしていますよ。
過去には、ガーシーと呼ばれる東谷義和氏が暴露系You Tuberとして活躍していた時に、いくつかの俳優やタレントに対して怪しい飲み会や枕営業の疑惑を持ち出していました。今回の松本の件がきっかけとなって、再び、大物芸能人の不倫やセクハラの実情を暴露する女性が現れるかもしれません」(民放関係者)

昨年のジャニーズ事務所のスキャンダルとは異なり、個人の問題だけでなく、芸能界全体に波及していく可能性がある、今回の松本の性加害疑惑。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック