SNSで大炎上した高級寿司店について、タレントの明日花が擁護しようとしたら、逆に批判されてしまったという話題
867

「東京・港区に位置するある高級寿司店に1月20日に訪れた女性客がXで“大将から暴行を受けそうになった”という体験談を拡散したのです。“港区女子”と名乗るこの女性の主張によると、彼女は男性と一緒に店に入ったのですが、二日酔いで気分が悪かったため、カウンターの近くにあった白ワインの匂いが気になって、大将に移動してもらうように頼んだのだとか。
しかし、そのワインは、大将が他のお客さんからおごってもらったもので、女性の要求は無視されてしまい、口論に発展。イライラした女性が『こんなお寿司屋さん初めて』と言った途端、大将が激怒したのです。そして、怒り顔で女性をにらむ瞬間の写真も投稿され、拡散されたのです」(ネットライター)

この投稿はたった2日でインプレッション(閲覧回数)が2億5000万回を超えました。しかし、大将の顔を隠さずに拡散したことや“ワインと寿司の融合”がコンセプトの同店にワインの匂いで文句を言ったことに対して、非難が集まりました。さらに常連客を自称する複数のユーザーからは、大将の優しい人柄を証明するコメントも寄せられ、「あの大将をあそこまで怒らせるなんて相当だよ」という反応もありました。

そんな中、同じく同店の常連だという明日花も1月21日にXで「自粛期間中によく食べてたなー 6万円の弁当」と書き、店のロゴ入りの高級弁当の写真を公開。ウニやトロ、キャビアや牡丹エビなどの食材が“ぎっしりと”詰まっており、炎上した寿司店を支持するかのような投稿をしたのです。

「飲食店予約サービス『OMAKASE』によると、その寿司店が販売しているテイクアウト弁当は3種類あるそうですが、一番高いものでも1個25000円です。おそらく、明日花が見せた6万円弁当は芸能人向けの特別メニューか、自粛期間中の期間限定品だったのでしょう。
どちらにしても、“よく食べていた”というのは高すぎる弁当ですが、その内容や派手な見栄えについては、ネットから『痛風になるのも時間の問題』『金持ちが買って自慢するような弁当だね』『買う人も驚くけど、売る人も驚く』『盛り付けが品がない』『高く売りたいから必死で詰め込んだ感じ』など、同店を助けるどころか追い打ちをかけるような反応が多く、『これ、今の時期にアップするのは絶対にマズかったね』という声もありました」(テレビ誌ライター)

しかし、コロナ禍で客が減っていたであろう同店にとっては、明日花のおかげで注目度が上がったことは間違いありません。それは、明日花の思いやりの賜物だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック