俳優・東幹久は三軒茶屋で警察が呼ばれる事態に
861

「現代ビジネス」というニュースサイトが1月24日に、俳優・東幹久の泥酔トラブルについて報道しています。

「その記事によれば、東は去年の年末に深夜1時ごろ、東京・三軒茶屋にある“三角地帯”と呼ばれる飲み屋街の一軒に入ったそうです。しかし、そこで一緒になった客の証言によると、東は周囲の客に言葉が通じないほど酔って絡んできたというのです。店が閉まろうとするときに店員が勘定を求めると、理由もなく断ったり、聞き取りにくい言葉で罵ったりと、挑発的な態度を見せたため、ついには警察が呼ばれる事態になったそうです。
その後、東は会計を済ませたとのことですが、店からは出入り禁止にされ、近くの立ち飲み屋にも注意されたということです。週刊現代が東の所属事務所に確認したところ、東は反省しており、店に謝罪したところ、店のオーナーは被害届を出さないで済ませてくれたということで、和解に至ったとのことです」(芸能記者)

今、テレビでレギュラー出演しているのは「BSイレブン競馬中継」(BS11)だけの東。暇になったせいで、酒を飲む量が増えてしまったのでしょうか。

「東は酒造会社の広告記事で、『休肝日なんて知りません』というようなことを言っているくらいの酒好きだそうです。昔は役者仲間と毎晩飲んでいて、それで酒に強くなったとか。でも、今は54歳ですから、昔みたいにはいきませんよね。
つい飲み過ぎてしまったのでしょうけど、ネットでは『残念だな…』という声のほかに『年をとると、昔の飲み方が懐かしくなって、飲みすぎちゃうことがあるんですが、これがなかなかコントロールできなくて、やらかしちゃうと、大変なことになりますよね』『若く見えるつもりで飲んでると、思っているよりも体にダメージが来てて、以前みたいに飲めなくて酔いつぶれちゃうケース』など、年齢が原因だということを、同世代のネットユーザーが、自分の体験をもとに同情しながら推察する声もありましたね」(芸能記者)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック