あのちゃんは写真撮影は絶対にNGだけど首絞め対応に出るという
863

歌手でタレントのあのちゃんが1月31日に放送されたバラエティ番組「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)に出演し、アイドル時代のファン対応の裏話を披露した。

アイドルグループ・ゆるめるモ!の元メンバーだったあのちゃんは、握手会でのエピソードを聞かれると、「こう(手と手を握る)は無理だったから、指だけ(で触れる)とかにしてた」と、手を差し出してきた人に対して、人差し指で触れるだけという冷たい対応をしていたことを明かした。番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也からは「E.T.システム?」と突っ込まれていた。

もちろん、あのちゃんのこの対応に不満を持つファンもいたらしく、「やる気ないんだったらやめろ!」と怒られることもあったそうだが、あのちゃんは「だから僕は『じゃあ他の人のところ行ってよ、バカ!』って言って」と、反抗的な態度をとっていたと語っている。

さらに、あのちゃんは街中でサインや写真撮影をお願いされることも多いというが、そのお願いにも一切応じないという。その理由については「お金をもらってそれをやってたから、アイドルの時に…」と、アイドル時代にお金を受け取ってサインや握手に応じていたファンに失礼にならないようにとの配慮から断っているという。

ただ、せっかく声をかけてくれたファンに対して断るだけでは申し訳ないという気持ちもあのちゃんにはあるようで「だから、断るしかないんだけど、断るのが辛くて、胸が苦しくなって…首絞めちゃってた」と、サインや写真撮影をNGにする代わりにそのファンの首を絞めるという衝撃的な対応をしたことを告白した。

どうやら、何もできないのは悪いという気持ちと、そのファンがうるさいから静かにさせるために、思わず首を絞めるという行動に出たということだが、あのちゃんの信じられないファン対応には上田からも「おかしいよね! 終点駅おかしいよ?」と、正当なツッコミが入っていた。

「この驚きの首絞め対応ですが、ネット上では『あのちゃんらしくて素敵』『俺なら握手より首絞められたい』などといった声もあって、人気なようです。昨年6月に放送されたバラエティ番組『あのちゃんの電電電波』(テレビ東京系)でも、街中で写真撮影をお願いされた時の対応を話していましたが、やっぱり写真撮影はダメだけど、“盗撮ならOK”と言っているとのこと。芸能人はだいたいが隠れて撮られるのを嫌うものですが、それを許していることを考えると、見方を変えれば、ファンに対して十分優しい対応をしていると言えますね」(エンタメ誌ライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック