元気いっぱいの村重は芸能活動で指原を超えることができるのだろうか
859

元HKT48の村重杏奈(25)は、2月6日に発売された「週刊女性」で、モデル・DJ・インフルエンサーとして活躍する井上ヤマト(25)との「逆ナン恋愛」が報じられた。

「記事によると、ふたりは昨年9月に開催された『東京ガールズコレクション』で出会ったそうです。村重は昔からイケメンに目がなく、井上に飲みに行こうと誘って、交際に発展したとのこと。週刊女性が村重の所属事務所に問い合わせたところ、回答はなかったそうですが、井上の所属事務所は『皆様のご想像にお任せいたします』と言って否定もしなかったので、交際は事実なのでしょう」(芸能記者)

村重と言えば、昨年はブレイクの年だった。2023年を振り返って「本当に忙しかったので、記憶にない」と言っていたほど、200本以上のテレビ番組に出演し、一躍知名度を上げた。アイドル時代のことを知らない人から見れば、当時もトップメンバーだったのだろうと思われるかもしれないが、「実はそうでもなかったんです」とアイドルライターは苦笑いする。

「確かに目を引く存在でしたよ。母親がロシア人のハーフで、HKT48に合格したのは11年で13歳のとき。顔はまるで妖精みたいで、他のメンバーとは一線を画していました。性格は今も昔も変わらず、トークはおしゃべりで可愛げがなく、面白くないギャグを繰り返す愛されるウザキャラでしたね。人気面では正統派アイドルタイプの現LE SSERAFIM・宮脇咲良などには及ばず、ファンの求めるアイドル像とはちょっと違っていました」

実際に、AKB48グループメンバー全員が参加するランキング形式のイベント「選抜総選挙」では、最高位が67位と低迷し、グループの中で目立つタイプではなかったという。デビュー当時、村重の取材を担当した雑誌編集者はこう語る。

「実際に会ってみると、初めてのグラビア撮影に大はしゃぎで、人懐っこくていい子でした。写真映りも良かったですね。でも、トークは本当に子供っぽくて、微笑ましいけど全然面白くなかった(苦笑)。このままでは厳しいかな、という印象でしたね。彼女のキャラを活かせるようにトーク力を鍛えてくれるような人がいればいいのに、と思いました」

そんな村重の人生に変化をもたらしたのは、あのバラエティの女王との出会いだった。

「12年に、指原莉乃がHKT48に加入したんです。グループができたばかりでアイドルの“イロハ”も全くわかっていなかったHKT48メンバーは、指原の指導のもとで大きく成長します。その中でも村重は、指原が一番手をかけたメンバーとして有名で、一時期は指原があまりに厳しかったため、村重は指原と顔を合わせるのを避けていたこともあるくらいです。指原の愛弟子と言っても過言ではありません」(アイドルライター)

現在のバラエティ番組での“勘の良さ”は師匠から受け継いだものだ。21年に行われた村重のHKT48卒業公演では指原が手紙を読んで、芸能界の荒波に挑む弟子に励ましの言葉を送っている。

「その中で、『あきらめてはいけません。努力をやめてはいけません。自分を嫌いになってはいけません』と言っています。その言葉を胸に今日のブレイクに至ったと言えるでしょうが、イケメン好きなところも指原に似ている村重は、師匠の“あきらめない精神”で、見事に理想の彼氏を手に入れたというわけですね」(アイドルライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック