松本がチェアマンとして復帰する日はいつになるのだろうか
860

「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)の2月3日放送回に、チェアマン代理としてバカリズムが登場した。番組冒頭で、チェアマン席(MC席)が空っぽになっているのを映し、黒スーツに黄色ネクタイのバカリズムが「うわぁ…」と呟きながら座るシーンが放送された。

バカリズムは「今回、松本チェアマンがお休みなんですけど、なんでお休みなのかは全然わからないんですよ。ずっと日本にいなかったから、風邪でもひいたんでしょうか」と言ってごまかすようにコメント。「急遽、代理でチェアマンをお願いしますと、お台場笑おう会という営利団体から連絡が来まして、仕方なく、私が座ることになりました」と、2009年12月の初回からチェアマンを務めていたお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が活動休止中という事実を知らないふりをして、観客席から“ブラックな笑い”を誘った。

「ネット上では『バカリのチェアマン、全然違和感ない』『今回で29回目だけど、バカリは28回中27回出場して6回優勝してる強者だからな。
松本のコメントなんていらないわ~』『バカリがチェアマンになると本気な回答が聞けなくなるのは残念だけど、チェアマンとしては松本よりバカリのほうが合ってる気がする』『松本がチェアマンだったことを忘れちゃうくらい、バカリズムのチェアマンが自然に見える』『バカリと川島明でチェアマンを交代させたらどう? そうすればプレーヤーとしてのバカリも楽しめるし』など、バカリズムのチェアマン代理ぶりに賞賛の声が多数寄せられています。
一方で、バカリズムがチェアマンになったことで、プレーヤーとしてのパフォーマンスが見られなくなったことを惜しむ人も少なくないようです」(女性誌記者)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック