渡邊が元気に治療と向き合えるようになったことは大きな一歩
862

フジテレビのアナウンサー、渡邊渚さん(26)がインスタグラムに自分の写真を投稿したのは、なんと3カ月ぶりのことだった。それは1月6日のことで、白いニット帽をかぶった渡邊さんは、長い髪をばっさりと切ってショートヘアにイメチェンしていた。春高バレーのキャラクター「バボちゃん」の大きなぬいぐるみと一緒に笑顔で写っていた。「病院終わり」というコメントから、まだ治療中であることがうかがえるが、バレーボールを楽しめるほどに回復しているのだろう。ファンからは渡邊さんの元気な姿に喜びの声が寄せられた。しかし、たまたま現場にいた男性社員はこう証言する。

「母親らしき女性がずっとそばにいました。会場ではコートを脱いで淡い緑色のセーターで観戦していましたが、体重が減ったのか、以前の豊満なバストはなくなっていました。何より、バレーボールに対する熱い思いを語っていたのに、観戦中も元気がなく、見ていて辛くなりました」

病気のことだけでなく、気持ちの面でも苦しんでいるようだ。その後のインスタでは夜空の写真を投稿し、「毎日を楽しんで後悔なく生きたい」とつづっている。実は、病気を公表した時から、厳しい日々が続いていたのだ。

7月17日に朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)を体調不良のために休んでから、休養に入っている渡邊さんが、初めてインスタグラムで自分の病気について明かしている。

7月9日からインスタグラムに何も投稿しておらず、10月7日にストーリーズでバレーボール日本代表のパリ五輪出場を祝うメッセージを送ったのが最後だった渡邊さん。久しぶりに現れた10月22日の投稿では、「6月頭に体調を崩し、7月半ばから入院・治療のため仕事をお休みしています」と告白し、「この4ヶ月で私はいろんなものを失いました。食べられなくなった。うまく歩けなくなった。うまく指が動かなくなった。大切にしていた仕事もなくなった。目標もなくなった。できなくなったことを数えるとキリがないくらい。自分の手のひらから大事なものがどんどんこぼれ落ちていきました」と、辛い現実を語る。

さらに、「何もできなくなっていく自分が怖くて、悔しくて、悲しくて泣いてばかり。今まで何のために頑張ってきたのだろう、いっそこのまま生きることを投げ出したいとも思いました。もっと自分を大切にしていればよかった。身体の悲鳴に耳を傾ければよかった、心に素直になればよかった。たらればを言い始めると止まらなくなりますが、時を戻すことも、人生をやり直すこともできません」と体に起きた変化には以前から気づいていたことを明かす。

しかし、ネガティブな感情に支配されるのは「もうやめたい」と言い、「私の人生こんなことに乗っ取られたくない!と思えるまで4ヶ月かかりました」「今日はその決意表明の日です!」と現在は前向きに考えることができていると伝える。

最後はハッシュタグに「最近やっとスマホを片手で持てるだけの力が出てきました」と現状を伝える言葉のほか、「治療がんばるぞ」「諦めない」と力強いワードも並べている。

「7月の時点では『体調不良』としか発表されておらず、その後も、渡邊さんの具体的な病名については言及されていません。投稿には、病室のベッドで横になる自撮り写真も添付されており、以前に比べてかなりやつれていたうえ、顔色もあまり芳しくないように見える渡邊さんの様子が確認できます。久しぶりに彼女の近影を見たフォロワーからは『よく頑張りましたね』『またなぎさちゃんの可愛い笑顔みれるの楽しみにしてる!』との応援が集まるも、その痩せ細った姿や、指も動かせない時期があったとの病状については『ここまで酷いとは思わなかったからショック』『写真見て驚きました。まるで別人だった』と驚く人が多かったです」(テレビ誌ライター)

焦らずゆっくりと快復を目指し、また元気な姿を見せてくれるよう、復帰を待ちたいところである。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック