市郎のミュージカルシーンが賛否両論を巻き起こすドラマ「不適切にもほどがある!」。次回も見逃せない。
865

俳優・阿部サダヲが主演するTBS系金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」の第2話が2月2日に放送されたが、ドラマの途中で突然歌いだす“ミュージカルシーン”が注目を集めている。

このドラマは、昭和のダメ親父“地獄のオガワ”と呼ばれる市郎(阿部)が昭和61年から令和の時代にタイムスリップするというストーリー。市郎は昭和の“不適切な発言”で令和の閉塞感を打ち破るタイムスリップコメディだ。

第1話では、市郎が居酒屋で出会ったアプリ開発会社の社員・秋津(磯村勇斗)が突如歌い出すという展開に。さらに、ゲストとして登場した元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の咲妃みゆ、ミュージカル俳優の木下春香、菅原永二の3人も加わり、居酒屋の客たちと一緒にミュージカルショーを繰り広げた。第2話では、劇団四季の出身でミュージカル界のスター・柿澤勇人がゲスト出演。市郎が令和の社会にぶつかるテーマをミュージカル風に歌って笑わせるとともに、現代の問題にも切り込んでいる。

このミュージカルシーンに対しては、ネット上で「ミュージカルが恥ずかしい」「急にミュージカルになるのはやめてほしい」「何でもありすぎる」といった批判的な意見もあるが、「急にミュージカルが始まって面白い」「ミュの俳優が毎回出てくるのが楽しみ」といった賛成派の声も多い。

また、磯村勇斗が歌い出すと「植木等か」とツッコミを入れる市郎のセリフには、クレージーキャッツのオマージュを感じたというファンもいる。

「ハナ肇とクレージーキャッツは、1960年代に大人気だったコミックバンド。『スーダラ節』や『ハイそれまでヨ』『だまって俺について来い』などの名曲を映画の中で歌って踊るミュージカルスタイルが流行を作った。桑田佳祐や星野源など、今でも多くのファンを持つことで有名だ。このドラマの脚本家・宮藤官九郎は、クレージーキャッツに敬意を表してミュージカルシーンを作ったのかもしれない」(芸能ライター)


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック